0アイテム

スプロケット代替のタイミング

チェーンとスプロケットの噛み合い不良等の場合 チェーンの強度が極端に低下する成分が発生した場合は、チェーンごと交換してください。 ご使用のチェーンに以下の条件が発生した場合は、チェーン全体を交換して安全を確保してください。
チェーンが「チェーンの伸び制限」近くで摩耗したとき。
?板にキズやクラックが入ったとき。
ローラーの傷やひび割れ、回転不良が見られた場合。
?チェーンサイトのリンクが固いとき。
?ピンが回転したとき。
?ピンが曲がったり変形したり、プレートが著しく反った場合。
・サビが溜まりチェーンがスムーズに曲がらない時。
?希硫酸またはその他の腐食性物質が付着した場合。
「有害」と判断できない場合はご相談ください。
スプロケットの交換と購入方法
スプロケットの寿命はチェーンの寿命が多いのが一般的ですが、潤滑不足による歯の摩耗や衝撃荷重等による破損などにより、スプロケットの交換が必要となります。
●ご注文の際はチェーンNo.を考慮した次をご指定ください。
1. チェーンNo.と素数
2. スプロケットの種類
3. 軸穴径 (d) (この穴をあける場合はもちろん不要です。この場合、最大軸穴径以下の穴をあけてください。)
四。 歯数
五。 ハブ径(DH)と長さ(L)(規格外スプロケットの場合)
六。 歯先が硬化しているか
チェーンNo.が不明の場合は以下をご指定ください
1.歯の厚さ(T)
2. 歯根径(DB)(奇数歯時のキャリパー径(DC))

タグ: