0アイテム

通常の添付ファイル

「TinyConveyorChains」の場合、カスタマイズされた製品をチェーンに直接結合して取り付けるための多くのバックリンクがあります。 これらの被リンクは添付ファイルとして識別されます。 次の標準アタッチメントが利用可能です。
従来のアタッチメントの種類と名前
従来のアタッチメントには、下図のようにシングルピッチチェーン用に5種類、ダブルピッチチェーン用に4種類が組み込まれています。 また、シングルピッチチェーンには、アウタープレートと同じ幅のXNUMX種類のワイドアタッチメントをご用意しています。 それぞれのチェーンサイズに共通のアタッチメントは、次のWebページにリストされています。
示すための最良の方法 アタッチメント付きの特別に編成されたチェーン
アタッチメントK1がオーバーとして特別に編成されたチェーンは、次のように示されます。
CJ+(K1 inner+PL)×3+3LL+PL+(K1 inner+PL)×3+3LL+K1 outer+(RL+K1 outer)×2+5LL
「CJ」は、C接続Webサイトリンクを取得することを意味します。 「K1inner」、内部ハイパーリンク添付ファイルK1。 「PL」、外部リンク。 「3LL」、内部ハイパーリンクから内部Webサイトリンクへの1つのバックリンク。 「K1アウター」、アウターウェブサイトリンク添付資料KXNUMX; それぞれ、内部ハイパーリンクである「RL」。 「+」インジケータは通常「接続」を意味し、「×」信号は「リピート」を意味します。 (アタッチメントAやアタッチメントSAなどの片側アタッチメントの場合、アタッチメントプレートの位置は上の図のサイドAにあります。)
注:ほぼすべての偶数リンクに添付ファイルを添付する場合、指定されている場合を除き、実際には外部被リンクに添付されます。

タグ: